刑事事件を弁護士でサポート|冤罪から無罪へのリバース

実績のある弁護士事務所

弁護士

弁護士に弁護を依頼する際はまずネットサイトなどで情報を集め、優良な腕を持った弁護士を選ぶように心掛けましょう。また弁護士事務所のサイトを活用すれば、より正確に優良な弁護士事務所を選ぶことができます。

» 詳しく見る

優良な弁護士の選び方

相談

刑事事件の裁判をする場合は早期に裁判を終わらせられるように努力し、会社や学校などに逮捕されたことが知られないようにしましょう。また刑事事件を弁護士に依頼する際は、示談の交渉力が優れている弁護士などを選ぶと良いでしょう。

» 詳しく見る

弁護士費用の平均価格

本を見る

弁護士に弁護を依頼する際には弁護士費用が必要になるため、事前に弁護士費用について知識をつけて多大な費用請求などに対応できるようにしましょう。また弁護士費用の平均的な価格はおよそ30万円前後とされています。

» 詳しく見る

刑事事件の増加と弁護士

弁護士と男女

いろいろな事件が多発するようになっている現在では、冤罪などの件数も増えてきています。
冤罪によってやってもいない罪をなすりつけられたり、社会からの評判を著しく損なったりする人は増加しています。こうした冤罪などによって見に覚えのない罪を着せられてしまうことを防ぐためには、弁護士の力を借りることが必要です。自分の潔白を証明するために弁護をしてくれ、依頼者の主張を本人の代わりに代弁する弁護はこうした無実の人を助けるための大きな力ともいえます。
また実際に罪を侵した人の罪を軽減し、早く更生して社会に復帰できるようにしてあげるのにも弁護は必要となります。そのため冤罪事件や刑事事件などいろいろな事件の際に弁護士は利用されています。

何らかの事件を起こした場合は裁判をおこなうことが一般的であり、裁判をすることで罪を告白したり無実を主張したりすることが重要です。
初めて裁判を経験する人にとって、裁判所はとても緊張することが多い場所でもあります。罪を犯した人はしっかりと反省していることを表現し、情状酌量のある判決を望んでいる意志を伝えることが大切です。比較的軽い罪だったのにきちんと表現できないせいで、予想より重い刑を課せられたりするケースはとても多いです。また冤罪で告訴された人にとっては、裁判は自分の無実を証明するための重要な機会です。自分はやっていないということを的確に訴え、自分の身の潔白を証明することが何より大事です。しかし初めて裁判に参加した人の多くは裁判所の独特の雰囲気や裁判の際の光景に緊張し、思ったように行動できないことがほとんどです。そうなった際に自分の意志を代わりに代弁してくれるのが弁護士なのです。
そのため裁判で自分の意見や主張を的確に伝えるのには、弁護士は絶対不可欠の存在とも言えます。