刑事事件を弁護士でサポート|冤罪から無罪へのリバース

弁護士費用の平均価格

本を見る

弁護士に弁護を依頼する際には弁護士費用が必要になります。
しかし弁護士費用はそれぞれ定められておらず、担当する弁護士によって請求される弁護士費用は違ってきます。中には弁護士として遅い対応をしているのにもかかわらず、多大な弁護士費用を請求してくる弁護士も存在しています。そのため弁護士に弁護を依頼する際はまず弁護士費用について学び、どういった金額が弁護士費用として最適な額なのかをよく把握することが大切です。だいたいの弁護士費用の相場を把握することで、高い弁護士費用を請求する弁護士に依頼をするのを防ぐことができます。またそれぞれの費用に関する知識をつけておけば、弁護士費用を請求された際に多大な費用を請求されても対応することができます。
弁護士費用の内容をよく把握しておき、弁護士に弁護を依頼した際に知識を役立てるようにしておきましょう。

弁護士費用には相談料や接見費用、着手金や成功費用といったものが含まれています。
相談料は弁護士に刑事事件を相談した際に必要とされる費用です。以前までは請求されることが多かったですが、最近では無料で相談することが可能になってきたことによって請求されないケースも増えてきました。接見費用は弁護士の方が拘置所や警察に行き、被疑者や被告人に面会するために必要な費用です。着手金は依頼が正式に決まった際に支払う費用であり、契約金といってもよいものです。成功や不成功によって返還されない費用であり、弁護士によって着手金の額もそれぞれ違います。成功費用は依頼が成功した際に費用が変わり、無罪など刑罰が軽くなれば金額は高くなります。反対に検察側と同じ刑罰になった場合は安くなるか、もしくは0円として換算される事が多いです。
このように弁護士費用にはそれぞれ細かな費用が設定されています。平均的に30万円前後の費用が最低でも必要になるため、弁護士を雇う際はある程度の予算を用意してから雇うようにしましょう。