刑事事件を弁護士でサポート|冤罪から無罪へのリバース

優良な弁護士の選び方

相談

刑事事件などによって逮捕されると、社会的な地位は全て失墜します。
逮捕されたことが学校などに伝わると退学になりますし、会社などに勤めていれば会社から解雇されてしまいます。また逮捕されることによって前科がつけられ、再就職やこれからの生活などに大きな傷跡を残してしまいます。そのため弁護士に弁護を依頼する際は、なるべく早い期間で裁判を終わらせつつ不起訴を求めるのが一般的です。早期に裁判を終わらせられれば逮捕されたことを学校や職場に知られることを防ぐことができますし、不起訴になれば前科はつかずに以前と同じ生活をおくることができます。罪を犯した人でも無罪な人でも、なるべく早い期間で裁判を終えて社会に復帰したいと考えています。
学校や会社に逮捕されていることを知られずにするには早く裁判を進められるようにし、できるかぎり不起訴にしてもらえるように努力するのが裁判をする際に大切なことです。

刑事事件を弁護士に依頼するには、裁判をスピーディーに進められる能力を持った弁護士が最適です。
特に有効的なのが接見を繰り返し対応してくれ、容疑者を諭すことができる弁護士です。事件を起こした容疑者の多くは罪を認めず、下手な言い訳ばかりを繰り返すことで従来よりも大きな刑罰を受けることになることがほとんどです。ですので繰り返し相談をすることで容疑者の方を説得し、犯した罪を認めさせ最後まできちんとサポートしてくれる弁護士がとても有効なのです。また情状弁護を心得た弁護士の方は容疑者の家庭環境やこれまでの経緯を説明し、容疑者の刑罰が少しでも軽くなるようにと尽力してくれます。検事の方や被害者の方と相談をしてくれ、示談によって穏便に事件を解決することができる弁護士もとても効果的です。
こういった能力を持った弁護士に弁護をしてもらえれば、最も軽い刑で早期に裁判を終えることができます。弁護士を選ぶ際にはこうした能力を持った弁護士に依頼をするようにしましょう。